債務整理
 無理な返済計画を立てて返済の目途が立たないなど借金に関するご不安は今までの社会生活を送れないほど大きなご不安を伴うものです。破産手続きを含む債務整理により、借金問題を解決し、そのようなご不安を解消できるケースも多くあります。 会社経営者の方で会社の債務を保証している方は,経営者保証ガイドラインを用いた方法により自宅などを残したまま債務整理ができる可能性もございます。
 なかなか解決への一歩を踏み出すことを躊躇してしまいがちですが、まずは、弁護士にご相談下さい。
 破産手続きを含む債務整理案件、破産管財人としての職務を数多く担当してきた弁護士が最善の解決方法をご提示させて頂きます。
費用
 債務整理という案件の特質上、費用の工面が難しい方も多数いらっしゃると思いますので、相談料を含む弁護士費用については配慮致します。詳しくは相談申込時にご質問、ご相談下さい。
 通常の債務整理案件弁護士費用の目安は下記表のとおりです。
 いずれも事案の内容によって増減いたしますので、詳細は担当弁護士にご質問下さい。
 
着手金
報酬金
任意交渉
債権者1社あたり4万円
減額等した金額に応じた割合
簡易な破産手続き
30万円~
なし。
通常の破産手続き
50万円~
なし。
*いずれも税抜きです。
*別途費用が発生致します。
ご依頼のメリット
債権者との交渉を弁護士が行うため債権者と直接のやりとりをする必要がありません。
債務を整理し、返済可能な債務額に圧縮できる可能性があります。
返済が困難な場合には精算手続を執ることで経済生活をやり直すことができます。