相続問題
 「母が高齢だけど兄弟間で仲が悪く相続のとき揉めそうだ」、「遺言を書きたいけれども自分の希望に沿った遺言はどう書いたらいいのだろう」、「父が亡くなったけれども生前財産管理していた兄が遺産は一切ないと言い張る、そんなことないはずだ」、相続に関するご不安は被相続人、相続人の立場で様々です。
 まずは弁護士にご相談下さい。相談者の立場に応じた相談にのり、将来の相続に備えた、また、既に生じた相続に対応できる最善の解決方法をご提示させて頂きます。

費用
 相続問題については下記表を目安に弁護士費用を目安に算定しております。
 いずれも事案の内容によって増減いたしますので、詳細は担当弁護士にご質問下さい。
着手金
報酬金
遺言作成
10万円~
基本的には発生しません。
遺産に関する任意交渉、調停、審判、裁判手続き
30万円~
40万円~
*相続問題に関しては遺産の総額、法定相続分、相続人の数等様々な要因によって弁護士費用の増減がございますので詳細は担当弁護士にご相談下さい。
*いずれも税抜きです。
*旅費、日当が生じる場合がございます。
ご依頼のメリット
ご自身の意思を反映した後日相手方から争われにくい遺言を作成することができます。
複数の相続人の間の遺産分割交渉を相手方らと直接のやりとりをせずに行うことができます。
遺産分割後の不動産登記手続き等事後処理を弁護士が行います。