契約交渉
 「今まで問題なく取引を継続してきたが、経験したことのないトラブルで取引先と揉めている」、「今回の取引は大きな取引なので法的な観点からきちんと契約書を作成したい」、会社にとって日常的に行われている契約交渉ですが、予防的に、積極的に弁護士を関与させ、事業を成功に導きたいというご要望も多数お聴きします。
 まずは弁護士にご相談下さい。
費用
 費用については、各交渉内容や対象になっている取引等の金額等によって、弁護士と協議の上決定致しますが、下記一般民事事件を対象とした表を目安と致します。
 いずれも事案の内容によって増減いたしますので、詳細は担当弁護士にご質問下さい。
 
着手金(税込)
報酬金(税込)
①300万円以下
8%+消費税
16%+消費税

②300万円を超え3000万円以下

 
5%+9万円+消費税
10%+18万円+消費税
③3000万円を超え3億円以下
3%+69万円+消費税
6%+138万円+消費税
④3億円を超える
2%+369万円+消費税
4%+738万円+消費税
*旅費、日当等各種費用が生じる場合がございます。
ご依頼のメリット
問題となっている契約の法的な位置づけ、問題について知ることができます。
法的知識に裏付けられた契約交渉によりご自身に有利な契約条項を作成できる可能性が高まります。
直接相手方とやりとりする手間がかかりません。
将来の紛争(訴訟など)に備えた契約ができます。