事業再生・倒産
 「めまぐるしく変化する経営環境によって一時的に資金繰りが厳しい」、「これまでがんばって経営してきたが法的に清算したい」、事業に関する重大な問題は法的手段を採ることによって解決できる場合がございます。また,会社の債務を保証している経営者の方は経営者保証ガイドラインを用いた債務整理によりご自宅などの資産を残したまま債務整理ができる可能性もございます。
 まずは弁護士にご相談下さい。破産管財人としての職務を数多く経験した弁護士が事業内容、状況に応じて最善の解決手段をご提案致します。
費用
 弁護士費用は、事業の規模や選択する法的手続き等諸事情により、変動致します。
 事前のお見積りも作成可能ですので、担当弁護士にご相談下さい。
ご依頼のメリット
早期に適切な法的手続等を採ることで事業の再生可能性が高まります。
やむなく精算する場合にもスムーズな法的手続きへの移行により適切な清算が可能になります。
取引先や従業員への対応に関し弁護士が介在することで精神的な負担を軽減することができます。