【雨漏りによって損害が発生した事例】

事例はこちらです。

 建物の雨漏りにより、室内にあった機械類が濡れて故障し、多額の損害が発生しましたが、大家側は賠償を拒否し、雨漏りの発生自体を争ったため、当事者間での解決が困難な事案でした。
 突然雨漏りが発生したため、当時の状況を撮影した写真等の裏付け資料は存在しておらず、雨漏りが発生したことも、それによって機械が故障したという因果関係の立証にも難がありましたが、粘り強く民事調停を重ねた結果、200万円弱の損害賠償を受けた上、家賃も減額されるという内容で和解することができました。